どうぶつ基金の活動を続ける佐上邦久の努力

どうぶつ基金とは、飼い主のいない動物が繁殖し続けてしまう事を防ぐために行われている佐上邦久が中心となって行われている活動を指します。飼い主のいない動物が繁殖を続けてしまう事により、野生の猫が街中にあふれかえってしまい、結果的に行政によって殺処分されてしまうという猫はあとを絶ちません。殺処分をゼロにするためには、動物ボランティアと呼ばれる佐上邦久の考え方に賛同するボランティアの手によって去勢が行われていない動物を捕獲することにより、避妊手術を行う事が大切です。佐上邦久は増え続けてしまっている猫の増殖に歯止めを掛けるために、飼い主のいない猫の去勢手術を行う基金の理事としての活動を行っています。

どうぶつ基金では、ボランティアの協力の下、野良猫を捕獲し、佐上邦久の考え方に賛同する協力獣医により去勢手術が行われます。去勢手術が終わった動物たちは普段どおりに生活を送る事が可能になるために、猫は幸せに暮らす事ができるようになるのです。どうぶつ基金では、行政との綿密な協議を行い、殺処分率の低下に貢献しています。猫の捕獲や去勢手術だけでなく、リリース後の世話や管理が必要だという佐上邦久の考え方から、それぞれの地域の特色に合ったオリジナルのプランを作成しているのもどうぶつ基金の大きな特徴だという事が出来るのです。

どうぶつ基金では、全国に不妊治療の需要があるという考え方から、佐上邦久を中心として不妊手術を行うための移動診療車を導入しています。今でも動物の去勢を行うためのチケットは全国の病院で利用する事ができるのですが、更に幅広いどうぶつ基金の活動を全国で行う事ができるようにするために、移動式の不妊治療が可能になる仕組みが作られたのです。

公益財団法人どうぶつ基金
https://www.doubutukikin.or.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 庭野仁司は、血液型がO型、26歳の独身男性です。東京都目黒区に実家があり、父親と母親と3人で暮らして…
  2. 家族経営でスーパーを営んでいる松岡哲也氏は、3代目の経営者になりる予定です。まだまだ両親が健在であり…
  3. 村瀬孝司は今26歳です。新社会人として過ごしているわけですが、現在の仕事はと言うと、製薬会社で働いて…

アーカイブ

ページ上部へ戻る