新薬開発に余念がない村瀬孝司

村瀬孝司は今26歳です。新社会人として過ごしているわけですが、現在の仕事はと言うと、製薬会社で働いているのです。製薬会社で働いているというと、なかなかイメージが湧かないという人もいるのですが、彼に関しては全然そのようなことはないと言います。

そもそも、製薬会社に入りたいと思っても、簡単に入ることが出来るようなものではありません。当然彼は沢山の勉強をこなしたわけで、それだけ多くの努力をした結果、今があるといいます。そして、販売ではなくて、現在は開発の方に籍を置いているといいます。つまりは、新薬の開発に力を注いでいるということになります。

一般的に新薬の開発と言ってもイメージが湧きにくいかもしれません。飲んで大丈夫?というところもあるでしょう。当然それはあるでしょうが、何よりも村瀬孝司はみんなの病気が少しでも治ったらという気持ちを持ってこの仕事をしているのです。何よりも、誰よりも誇りを持って仕事をしているのですが、彼からしてみるとやはり多くの人を救いたいという気持ちの方が強いのです。

では、村瀬孝司はどうしてこの道に進んだのかということですが、実は村瀬孝司には亡き父がいたのです。病院で治療を受けていた時に、なぜか薬を飲んでいるのにも関わらず病状が悪化していったといいます。そして、入院してから1年ほどで彼の父は他界してしまっています。後に医療ミスということが判明して、村瀬孝司の家族は病院に対して強い不信感を持ったわけです。

こうしたことがあると、普通は製薬会社に入りたくないと思うでしょうが、彼の場合は逆であって、自らがその世界に入ることによって、沢山の人に対して少しでも良い薬を提供できればと思っているわけです。良いものを届けることによって、多くの人に救いをもたらすことが出来れば、自分の家族も自分も少しは報われると思っているわけです。

今のところの悩みとしては、新しい薬はどうしても認可されるまでに数年はかかるということです。現在開発中新薬については絶対の自信を持っているということがあって、それが将来的に認可されて素晴らしいものになることを祈っているわけです。ただ、それまで待たせてしまうことが申し訳ないと村瀬孝司は語っています。ただ、現在でも高い評価を得ている薬の開発に携わったことがあるということもあって、本当に大きな自信を持っているわけです。そんな彼の新しい薬が多くの人々の手元に届く日が来るのがとても待ち遠しいということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 庭野仁司は、血液型がO型、26歳の独身男性です。東京都目黒区に実家があり、父親と母親と3人で暮らして…
  2. 家族経営でスーパーを営んでいる松岡哲也氏は、3代目の経営者になりる予定です。まだまだ両親が健在であり…
  3. 村瀬孝司は今26歳です。新社会人として過ごしているわけですが、現在の仕事はと言うと、製薬会社で働いて…

アーカイブ

ページ上部へ戻る