多国籍カフェを経営する井上常明

現在、日本において多国籍カフェを経営している井上常明という人物がいます。彼はこれまでに国内の多くの地域に旅行に行っており、また、海外への旅行についても井上常明は大学生の頃から多くの国を訪れています。

例えば、世界屈指のテーブルマウンテンとも言われているロライマ山にも井上常明は行っています。ベネズエラ、ブラジル、ガイアナという南米の3カ国の国境に位置する山で、山頂がテーブルのように平らになっているのがポイントです。これがテーブルマウンテンと呼ばれる所以です。切り立った崖のようになっている地形が多いうえ、雲などの関係から空からの調査も困難とされていましたが、1884年に初めて登頂が成功されてからはチャレンジできるルートが生み出されています。そんなロライマ山はテーブルマウンテンの中では比較的登りやすいとされ、山頂周辺に多くの見どころがあることからも高い人気を誇っています。

井上常明は、大学時代からこういった海外を足を運び、自身で体験することを夢に見ていたわけですが、その夢を会社員になり、お金を貯め、世界一周旅行を見事に達成させています。しかも、有給休暇を利用しながら会社員を続けるのではなく、そのまま会社員を辞めてバックパッカーになっています。バックパックを担いで移動する人が多いことからそう呼ばれており、移動に公共の交通機関を多く使用したり安い宿を選んで格安で海外旅行を楽しむ方をそう呼ぶこともあります。格安と言っても、たくさんの国に行くということですから、その分たくさん稼ぐ必要性があります。井上常明は強い精神力を持って、しっかりとお金を貯めて世界一周に行っているのです。

世界一周の旅行をすることにより、井上常明は大きく経験を積むことに成功しています。そして、その成功を持って1年後に帰国しています。帰国した後に、この大きな経験を活かして多国籍カフェをオープンしました。この多国籍カフェにはこれまでもたくさんの国籍の人が訪れており、多くの方で賑わっています。こうしたカフェの数は少なくはありませんが、井上常明は実際に海外に行ったという経験を活かしている分、同じように旅行好きな方が話を聞きたいと訪れることもあり、人気店の

実際、会社員になって、そこから仕事を辞めて、最終的に起業をするというのは、なかなか挑戦できないような要素があると思われますが、挑戦し見事に成功させているのが井上常明です。まだ30代ということもあって、これからますます大きくなっていくということが予想される部分があります。今後どのようになっていくのか、期待大ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 都心部においては土地の価格が上昇していて、地方とは比べものにならないほどに価格が上がっていることがあ…
  2. さいたま市 痩身・脱毛を検討中の方は、宮原のエステサロンameniteをご存知でしょうか。効果的な痩…
  3. 浦壁伸周は1989年に青森で生まれ、地元で育ってきました。彼は、自分の人生がある程度決まっているとは…

アーカイブ

ページ上部へ戻る