大浜民郎とアメ車とインターネット

大浜民郎を御存知でしょうか。インターネットをあまり利用しない、LINEやちょっとしたゲームアプリだけという人は初めて耳にする名前かもしれませんが、インターネットを利用している人であれば最近目にする事も多いので御存知かもしれません。実は大浜民郎によって、アメ車ブームが到来するかもしれないのです。ですが大浜民郎はテレビ業界の人間でもなければ、雑誌の編集長でもありません。広告代理店でもありません。かつての流行であれば、そのような職業や立場の人間が流行を生み出そうと様々な事を仕掛けていたのですが、インターネット時代ではそのような見え透いたブーム造りは通用しなくなっています。

文字通り、ブームとは自然発生的に生まれるものになっているのです。大浜民郎もそのうちの一人なのですが、そのような状況になった大浜民郎本人もきっとブームを起こそうと思っていたわけではないでしょう。彼には趣味がありました。それはアメ車です。リビエラのモデル違いを何台か所有しているのですが、それを撮影した動画を動画共有サイトに投稿したのです。特に加工したでもなく、音楽を乗せたわけでもなく、単純に内装、ボンネット、インパネ。これらを淡々と撮影しただけの動画だったのですが、逆にそれが良かったのかもしれません。シンプルなのでリビエラの魅力がより伝わりやすかったのでしょう。

新鮮さもあったかもしれません。特に昨今は日本の車と言えばどれも似たような丸みを帯びたデザインばかりです。燃費を重視しているので仕方ない部分もあるのですが、このおかげで自動車のデザインを楽しむ事が出来なくなってしまっている部分もあるでしょう。ですが大浜民郎の動画によって、リビエラ、強いてはアメ車がどういったものなのかを知る事が出来た人も多いのです。それこそアメ車を初めて見たという人もいるでしょう。おかげで話題を集めるようになっただけではなく、コメント欄には「動画を見てリビエラを買いました」という若者まで登場したのです。経済性だけを考えるのであれば日本のコンパクトカーの方が良いのは言うまでもありません。

ですが自動車は低燃費だけがすべてではありません。むしろリビエラのようにどこか時代に反抗しているかのようなシルエットの自動車の方が現代の若者には共感されたのかもしれません。近い将来、大浜民郎がアメ車ブームを作ったと言われる日がやってくるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 浦壁伸周は1989年に青森で生まれ、地元で育ってきました。彼は、自分の人生がある程度決まっているとは…
  2. 秀光ビルドは現場の見える化を宣言しています。家づくりを頼む方にとっては現場で何が行われているのかは気…
  3. 川口 美容院の中でも、自分に合ったヘアスタイルを髪質や悩みを考慮し、提案をしてくれるのがオカフリース…

アーカイブ

ページ上部へ戻る