神谷優太は仏様?

神谷優太は、美味しいワインに興味をもってもらうべく、日夜努力しています。スタッフにメニューを作ってもらい、お客様の評判を伺い、品質の向上に努めています。彼のお客さんに対する対応は、とても誠実です。ワインの飲み方にはこだわらず、穏やかなダイニングタイプの店をモチーフにしているそうです。日本では、かくあるべしという言葉が流行っていますが、彼は日本らしさを重んじた、リラックスできる店づくりを心がけています。

神谷優太にとって、仕事は趣味の延長です。仕事は仕事、と考える方もおられますが、彼にとっては、自分の博識をひけらかせる、唯一の場と言えます。彼のお店は、アットホームな空気となっており、多くの方が楽しい時間を過ごされます。仕事をする上で、イメージを作ることは大切です。静かな環境で、自分の世界を想像し、その中でイメージを固める。これが彼の創作意欲の秘訣です。彼は素晴らしい時間を過ごすため、部屋で瞑想し、精神を集中します。神谷優太の持つ空気は独特であるため、調子を保つために、それなりの手順が必要だそうです。

ワインの目利きに加え、料理の腕も一流です。ワインはおいしいものがよく売れます。彼は、キンキンに冷やしたワインを提供することで、彼は高い評判を得ています。誰もがまた行きたくなるお店を心がけているとか。腕がいい料理人が店に在籍されているため、彼の店の料理は高い評判を勝ち得ています。これも全て彼の人徳の高さがなし得る技です。若いお客さんから、お年を召した方まで、幅広い年齢の方が来店されるため、柔らかい料理が中心だそうです。

神谷優太は若いころ、仏様と呼ばれていたそうです。理由は、彼が温和な性格であることや、仏頂面であることだそうです。皆さん思い思いの考えを持たれているそうですが、彼にとっては、すべてが平等に見えるそうです。心が広いため、人徳もあるそうです。そもそも、店を任されるときに、前のオーナーに見込まれたのも、そのせいでしょう。地獄に仏といいますが、彼のお店の経営が傾いた時、必ず助っ人が登場して、ピンチを回避できたそうです。

神谷優太は、人の心理をつかむことが上手な男です。臨床心理学の本を読んで、人間の心理について調べているそうです。彼は深層心理を推理し、敢えて何も言わない事を心がけます。相手に考えさせることが、ベストだと心得ているからです。なかなかの策士と言えます。彼は常に、次の手順を探っているそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 浦壁伸周は1989年に青森で生まれ、地元で育ってきました。彼は、自分の人生がある程度決まっているとは…
  2. 秀光ビルドは現場の見える化を宣言しています。家づくりを頼む方にとっては現場で何が行われているのかは気…
  3. 川口 美容院の中でも、自分に合ったヘアスタイルを髪質や悩みを考慮し、提案をしてくれるのがオカフリース…

アーカイブ

ページ上部へ戻る