関根義光さんに聞いた!ツアーコンダクターの楽しみ方

ツアーコンダクターの職業は、修学旅行や地域のバス旅行などで見かけることが多い仕事です。でも、意外とどんなことをしているか、普段の業務がわからないという人もいると思います。今回は、関根義光さんにお話を伺い、ツアーコンダクターという職業についてまとめてみました。

休日は会社によって多種多様
一般的に、ツアーコンダクターの仕事は、「土日休みがなく、平日も全国や海外を飛び回らなければならない」というイメージがあると思います。しかし、関根義光さんの働いている会社は、修学旅行やシニア向けの旅行が中心になるため、原則として土日祝日が休日です。そのため、ワークライフバランスを維持しながら働くことができるといいます。

旅行で飛び回るのは好き・嫌いの問題
ツアーコンダクターは全国を飛び回る職業です。そのため、体力が必要な仕事であることは事実ですが、旅行好きからするとやりがいを感じやすい部分でもあります。関根義光さんは、「国内だけではなく、年に2,3回程度会社のお金で海外に行けるので楽しい」と述べています。旅行が好きで溜まらない方からすると、ツアーコンダクターは魅力的な職業と言えるかもしれません。

提案型営業のやりがい
旅行するだけでなく、ツアーコンダクターは提案型営業としての側面もある職業です。関根義光さんはルート営業に近いポジションなので、綿密に付き合いがあるお客さんに、最適な旅行プランを提案することができます。もちろん、仲の良いお客さんと一緒に旅行をすることになるため、楽しく旅行ができているそうです。

関根義光さんは、ツアーコンダクターとして楽しく、お客さんに満足を提供しながら活躍しています。この業界に興味があり、自分が適正があると感じる方は、ぜひともチャレンジしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 浦壁伸周は1989年に青森で生まれ、地元で育ってきました。彼は、自分の人生がある程度決まっているとは…
  2. 秀光ビルドは現場の見える化を宣言しています。家づくりを頼む方にとっては現場で何が行われているのかは気…
  3. 川口 美容院の中でも、自分に合ったヘアスタイルを髪質や悩みを考慮し、提案をしてくれるのがオカフリース…

アーカイブ

ページ上部へ戻る