高木文明は映画とお菓子に精通している!

高木文明の自己紹介の中で、欠かすことができないのが映画です。映画は高木文明にとって生きがいといっても過言ではありません。映画館に見に行くのもよいですが、家でDVD鑑賞するのも好きです。
高木文明が好きなジャンルとして紹介することができるのは、ラブコメです。顔に似合わないといわれることがありますが、そこはご愛敬です。ラブコメというと、学生が見るイメージが強いですが、コメディー要素も入っているために面白く見ることができます。
そのほかの好きな映画としてあげられるのは、SF系です。特にスターウォーズシリーズは全て見ましたが、なんといってもリアルさには毎回驚かされてしまいます。世界的に有名な映画ということもあって、非常に注目されていましたが、最近のエピソード4ですと公開初日に見に行くというファンっぷりを見せてしまいました。
逆に高木文明が嫌いな映画のジャンルをお教えしましょう。それは、ホラーです。一般的といえば一般的ですが、その中でもジャパニーズホラーは全く見ることができません。子供のころに、リングを見てしまってからそれがトラウマになってしまったのです。
逆にラブコメばかりを見すぎてしまい、その時から少し女子力が高い人物になってしまっていたと思います。今では特に恥ずかしがることはありませんし、むしろラブコメについて聞かれたらおすすめの映画を紹介することができるほどにまでなったので、結果的にはよかったです。最近気になっているのは、3D映画です。今更と感じる人も多いですが、やはり映画が飛び出すというのはかなり感動的です。

高木文明は、なんといってもお菓子に目がありません。映画を見ているときにも、常にお菓子を食べてみていますが、そのお菓子というのもポップコーンやポテトチップスではなく、都内で買ってきた名店のスイーツを食べることが多いです。
始まりは、子供の時に買ってきてもらったシュークリームでした。母から買ってきてもらったシュークリームでしたが、かなりおいしく感動してしまいました。どこで買ってきたシュークリームかわかりませんでしたが、そこからシュークリームを追い求めることになります。
大人になってからはというと、高木文明は片っ端からスイーツの名店を回ってはシュークリームを漁る日々を送っていたのです。経験も増え来ていましたが、体重も増える一方でダイエットも行っていました。結局子供の時に食べたシュークリームを見つけることができませんでしたが、お菓子好きという性格だけは大人になっても治りませんでした。
高木文明は、シュークリームだけに限らず和菓子も好きです。和菓子に関しては、水ようかんから最中まで様々なものを食べることがありますが、結局はぜんざいに戻ってしまいます。ぜんざいに関しては、特に思い入れがあるというわけではありませんが、急に食べたくなるような和菓子であり頭が疲れた時は基本的にぜんざいを食べるようにしています。
高木文明がお菓子を探すときにまず目をつけているのは、何が有名かということです。事前にネットで調べることによって、ある程度名物を知っていけば店頭に行ったときに迷うことなく買うことができます。購入して持って帰るまでが非常に楽しいです。わくわくして家に帰っていると、周りの人から変な目で見られてしまいますが気にしません。

高木文明は、小さいころから本が好きで小学校でも本をよく読んでいました。その性格が、今に受け継がれているわけです。映画やお菓子が好きというのは建前であり、本がやはり一番好きです。
高木文明の休日の過ごし方といえば、やはり図書館に通うことでしょうか。図書館に通っては、自分の好きな本を借りて家で読むこともありますし、図書館で静かに休日を過ごすこともあります。どちらの過ごし方も大好きですが、やはり図書館で過ごしたほうが自分を落ち着かせることができるために、休日を過ごすなら図書館が一番だと思います。
高木文明が好きな本は、主に小説ですが小説の中でも推理小説が一番好きですね。推理小説は、自分と主人公を照らし合わせたときにどこかリンクする場所があったりすると、より面白くなってしまいます。また、推理小説の良いところといえば自分だけの物語を作ることができるということですね。というのも、自分で推理しながらページをめくっていくと頭の中で自分の物語ができています。高木文明はその瞬間が大好きでいつも推理小説を読んでいるわけですが、読書が好きなのもそういった面白さがあるからです。
このように多趣味ですし、わくわくしたことが大好きな人物であり、いつまでも童心に帰ること引き立てているのかもしれません。これからも趣味は増やしていくようですが、それと並行して面白い映画やおいしいお菓子、面白い推理小説を見つけていくことでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 浦壁伸周は1989年に青森で生まれ、地元で育ってきました。彼は、自分の人生がある程度決まっているとは…
  2. 秀光ビルドは現場の見える化を宣言しています。家づくりを頼む方にとっては現場で何が行われているのかは気…
  3. 川口 美容院の中でも、自分に合ったヘアスタイルを髪質や悩みを考慮し、提案をしてくれるのがオカフリース…

アーカイブ

ページ上部へ戻る