日栄動力工業は日本のエネルギーを支えてくれています

日栄動力工業は日本のエネルギーを支えてくれている見えない力もちのような頼れる存在です。事業用水力、火力、原子力発電所及び自家発電のためのタービン本体、発電機の建設、点検工事を事業内容としていると知れば、毎日の暮らしを下支えしてくれている感謝すべき企業であることが理解できるはずです。

東日本大震災での復興関連作業や燃料搬出入、配管工事など建設するだけでなくメンテナンスも一手に引き受けてくれています。コンプレッサーやポンプなど石油化学プラントも手掛けており、空調や消防設備の工事まで事業分野が幅広く、日栄動力工業なしでは日本のエネルギー産業は成立しないといっても過言ではありません。

日栄動力工業の本社は東京都港区西新橋にありますが、福島、北越、中部、京浜、京葉、島根、福山、その他にも事業所を設置しており、監視を怠らず日々のエネルギーがトラブルなく供給できるようにしてくれています。従業員はわずか177名ですが、その3分の2の人材を監督員、技術員が占めており、安全性と品質の確保を最優先にしている企業であることがわかります。
協力会社は50社950名にも上り、火力、原子力発電導入期から日本のエネルギー資本を支えてきた存在であることがわかります。技術系の企業ですから、必要な研修や資格、免許が多数あり、技能教育や特別講習などで随時ブラッシュアップしていく必要があります。日栄動力工業ではOJTの他、監督者教育や作業所長教育などの企業内研修制度も設置しており、いつでも一定の技術と知識を持った人材を育成することに重点を置いています。
業務だけでもクレーンやゴンドラの操作、フォークリフト、特別車両の運転、研削や粉じん、焼却施設など化学的な知識の習得と作業処理の手順や法律の知識など様々な要素が絡むことになります。国家資格も電気、放射線、溶接、システム、土木など多岐にわたります。プロジェクトも国家的な規模のものが多く、責任も重大になります。新しい工法や技術の研鑽にも時間をかけ研究することが必要になります。

日栄動力工業では安定したエネルギーの供給のために、社会を動かし豊かな未来のために貢献する企業として日夜切磋琢磨している会社です。少数精鋭で卓越した能力を持つ人材が力をあわせて管理、施工、建設を行い、人々の知らないところでエネルギー事業を支えてくれています。当たり前のように使っているエネルギーを努力して供給してくれる日栄動力工業が今、注目されています。

日栄動力工業株式会社
http://nichieidouryoku.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 都心部においては土地の価格が上昇していて、地方とは比べものにならないほどに価格が上がっていることがあ…
  2. さいたま市 痩身・脱毛を検討中の方は、宮原のエステサロンameniteをご存知でしょうか。効果的な痩…
  3. 浦壁伸周は1989年に青森で生まれ、地元で育ってきました。彼は、自分の人生がある程度決まっているとは…

アーカイブ

ページ上部へ戻る