アイランド新宿法律事務所の木村峻郎の意識

弁護士と呼ばれる人々も我々と同じ人間です。人間性に関しては様々で、その部分が仕事にも影響を及ぼすということは言うまでもありません。そのため、どの弁護士に相談するのかと悩んでいる場合、法的見地や実績のみならず、その弁護士がどのような人間なのかもまた、考慮しておくべき点になります。アイランド新宿法律事務所、そしてその代表を務めている木村峻郎の評価が高いのはその人間性なのです。

アイランド新宿法律事務所の代表は木村峻郎です。彼は法律の国家試験スクールの講師を務めていたほど、非常に高い法的知識を持っているにも関わらず、依頼者に対して、とても丁寧に接してくれる事でも知られています。弁護士、法律事務所の中にはプライドの高さから依頼者に対して物凄く高圧的な態度を取るような所も珍しくはありません。そのような所に相談してしまったがために、問題が解決するどころかむしろストレスになったり、嫌な気持ちになってしまっているという人さえいるのです。しかしながら木村峻郎とアイランド新宿法律事務所は依頼者に対してそのような態度は取りません。なぜなら、依頼者はお客であると考えているからです。法律事務所は知識をひけらかすための場所ではなく、法知識というスキルで依頼者のニーズに応える場所という意識を持っているのです。

ですから、アイランド新宿法律事務所に足を運ぶと分かるのですが、とても丁寧な応対をしてくれます。法律事務所は応対は良いところがほとんどですが、木村峻郎本人の応対もとても丁寧なのです。事務所のスタッフが良いのはもちろんですが、木村峻郎本人までもがとても腰が低く、頭が良いのは間違いないのにそのような事は態度に出しません。そのため、相談していて不愉快になるといったような事はまずありません。依頼者は法知識がないのが当たり前。むしろないからこそ自分たちを必要としてくれている。このような考え方なのです。

弁護士、法律事務所の中には依頼者に対して「そんな事も知らないのか」といった態度を出すような所もあるのですが、そのような法律事務所とアイランド新宿法律事務所と木村峻郎の意識の差は歴然としているのです。依頼者という立場で考えた時、どちらの法律事務所に依頼したいのかと問われれば言うまでもないはずです。特に今の時代はいろいろな事が口コミで瞬時に広まっていく時代ですので、ここを頼る人が増えているのは、それだけアイランド新宿法律事務所を信頼している依頼者がいると言えるでしょう。

アイランド新宿法律事務所
http://i-land-law.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 車内の清掃といっても、車内クリーニング 千葉を探してみると多くの店舗があります。その中で、車内を新車…
  2. 庭野仁司は、血液型がO型、26歳の独身男性です。東京都目黒区に実家があり、父親と母親と3人で暮らして…
  3. 家族経営でスーパーを営んでいる松岡哲也氏は、3代目の経営者になりる予定です。まだまだ両親が健在であり…

アーカイブ

ページ上部へ戻る