メガソーラーで話題の新東京グループと山本宰司氏の新東京エナジー

メガソーラーで話題の新東京エナジー
新東京グループの子会社である株式会社新東京エナジー(代表取締役:山本宰司)は、太陽光発電事業を中心にビジネスを展開するために誕生しました。同社は資源循環型社会実現のために取り組んでいます。その中で山本宰司氏を代表に据え、ビジネスを拡大している状況です。

2014年、山本宰司氏を代表取締役社長として設立した新東京エナジー。現在、関東を中心に展開していますが、代表者の山本宰司氏は、「将来は技術を身に付けた上でアジアに移転したい」と述べています。

直近では茨城県に2か所の発電施設を建設しましたが、すでにどちらも全区画の販売契約が完了したと言います。なお、茨城県坂東第1発電所と第2発電所の契約金額は、消費税等を含めた総額で4億400万円でした。

土地付き太陽光発電を展開中
現在、株式会社新東京エナジーは、土地付き太陽光発電事業を展開しています。この事業のメリットは、土地を持たないお客様に対して、「手軽」「安心」「補償」というメリットがある高収益型投資となる点です。

株式会社新東京エナジーは、全工程をワンストップで対応できます。用地を持たなくてもフルローンが組めて、電力会社から直接収入が得られるうえに、25年間モジュール性能補償があるという優れたプランです。

個人・法人を問わず、株式会社新東京エナジーの土地付き太陽光発電事業を始めることができます。山本宰司代表取締役の下、優れた太陽光発電のコンサルタントがお客様の相談役になるため、安心して依頼できるのではないでしょうか。

新東京グループ全体が考える「自然の恵みを残そう」
新東京グループ全体では、「自然の恵みを残そう」という企業理念をポリシーとしています。環境事業のプロデュースを展開する株式会社新東京グループを始め、グループ各社で取り組んでいる最中です。

産業廃棄物処理事業に取り組んでいる新東京グループは、未来の子どもたちのために今ある自然環境を残そうと考えています。そのために新東京グループでできることは、ゴミ処理や再生可能エネルギーなのです。

グループ傘下である新東京エナジーも、山本宰司代表取締役の下、太陽光発電事業という形で自然の恵みを残そうと考えています。現在は関東近郊を中心に活動していますが、今後はアジア圏への進出も見込まれる新東京エナジー。今後も太陽光発電事業の躍進を目指しているので、ぜひとも注目しておきたい企業です。

株式会社新東京グループ
http://www.mr-shintokyo.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年様々な雇用形態がありますが、悪質な雇用をしている会社は数限りないでしょう。正社員ではなく派遣社員…
  2. 都心部においては土地の価格が上昇していて、地方とは比べものにならないほどに価格が上がっていることがあ…
  3. さいたま市 痩身・脱毛を検討中の方は、宮原のエステサロンameniteをご存知でしょうか。効果的な痩…

アーカイブ

ページ上部へ戻る