株式会社ミュートス佐藤正晴の新規事業の方向性を聞く(Ⅱ)

株式会社ミュートスの代表取締役 佐藤正晴氏に今後の方向性について、聞いてみた。株式会社ミュートスの代表取締役佐藤正晴は次のように語った。

株式会社ミュートスの強みは、リアルのMRを管理するMR-SFAとバーチャルのMRをサポートし、商品の販売を最大化するeプロモーション事業を提供するCURASAW・EAKSのサービスを両方持つ、ある種他に類を見ないサービスを提供する企業体であると。どちらか、片方のみを得意分野として成長されている企業も多いが、リアルとバーチャルの両方を有するのは強みであると、単にマーケッターではなく、MR−SFAを使うことにより蓄積されたDBとCURASAW・EAKSを利用することにより蓄積されたDB・製薬企業が有するオンドメディアに蓄積されたDBまた、医師や医療関係者がWEBサイト等で得た情報履歴等のDBがあれば、それは新しい、営業支援系のシステムとなり、広告・メディアなどすべてが一体となったビッグデータであると。株式会社ミュートス代表取締役 佐藤正晴氏は企業機密であることを前提に、これらのサービスについて既に着手しており、既にお客様からも引き合いが着実に来ていると説明している。

確かに、製薬業界のMR向けCLMの様な製品も誕生しており、外資系もそれを機能として搭載しているサービスも出ているが、その一つ一つのサービスは高品質で高機能であるが、医薬CRM分野におけるサービスが横断的に提供されている企業の存在は余り見ないと思われる。先発医薬品分野、後発医薬品分野においては、世界的にも成長が期待できる分野であり、我が国においても他国に負けることは出来ない分野であることが指摘されており、また今後、外資系の参入は人口が多い中国や開発途上国などへの医薬品の流通などを考えると、景気に左右されない事業分野であることは誰しも認めるのではないだろうか。リアルのSFAやCLMにおいてもスマートディバイスの登場により、使い方も劇的に変化しているため、ITを活かしたネットワークDBについては、単にコンサルティングが絵を描く統計的なものではなく、実績データをベースとした「気づき=製薬企業の売上拡大」が提供するサービスの方向性について、株式会社ミュートスの代表取締役佐藤正晴が発言する言葉に今後も注目したいものだ。

株式会社ミュートス
http://www.mythos-jp.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. 近年様々な雇用形態がありますが、悪質な雇用をしている会社は数限りないでしょう。正社員ではなく派遣社員…
  2. 都心部においては土地の価格が上昇していて、地方とは比べものにならないほどに価格が上がっていることがあ…
  3. さいたま市 痩身・脱毛を検討中の方は、宮原のエステサロンameniteをご存知でしょうか。効果的な痩…

アーカイブ

ページ上部へ戻る