西日本アカデミー 福岡のグランドハンドリングコース

グランドハンドリングコースは、西日本アカデミー 福岡において、カリキュラムが航空業界に密着したもので、即戦力を空港実務において目指すものです。航空機は、優秀な客室乗務員やパイロットのみでは離陸することはできません。マーシャラーという航空機を誘導する人、搭載担当者という航空貨物や顧客の手荷物を積む人など、グランドハンドリングが全部の役割を担っており、これ以外のいろいろなスタッフと飛行機を安全に運航するためにチームプレイで貢献しています。また、人材を育成するための一環として、西日本アカデミー 福岡のグランドハンドリングコースにおいてはコミュニケーションスキルの向上にも注力しているので、男性の場合でもキャビンアテンダントやグランドスタッフとしての進路を選ぶこともできます。

ここでは、グランドハンドリングの仕事内容についてご紹介しましょう。まず、ランプサービスの主な仕事内容についてご紹介しましょう。ウィングウォッチは、翼端や周りを航空機が別の航空機や障害物に接触しないように監視する仕事です。マーシャリングは、パドルで合図を到着した航空機のパイロットに送りながら、わずかの幅の停止線まで大きな航空機を導く仕事です。トーイングは、着いた航空機を他の整備地区や場所等へ移動する仕事です。ブレーキマンは、地上で航空機を移動させる場合、ブレーキ操作をコックピットに乗って行う仕事です。ローディングは、特殊な車を使って、手荷物・航空貨物などを航空機に積み込んだり、積み下ろしたりする仕事です。プッシュバックは、自力で航空機はバックすることができないため、トーイングカーという車で駐機している航空機を自力で走行することが可能なところまで移動させる仕事です。次に、機内の主な仕事内容についてご紹介しましょう。キャビンクリーニングは、着いてから出発するまでの間に、毛布・雑誌などのセッティング・客室のクリーニング、機内で使用する品物の積み込みの仕事をします。

西日本アカデミー 福岡のグランドハンドリングコースの主なカリキュラムについてご紹介しましょう。グランドハンドリングは、グランドハンドリングの空港における役目と内容を説明し、グランドハンドリングのための知識をマスターします。航空輸送概論は、特殊貨物輸送・航空貨物輸送とその実務概要をマスターすることを目指しています。航空総論は、旅客業務のための身だしなみや接客用語、旅客に対するマナーなど、知識の幅広いものをマスターします。危険物と航空保安は、危険物の取り扱いと空港管理規則についての知識を学習します。

西日本アカデミー航空専門学校
http://www.nac.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年様々な雇用形態がありますが、悪質な雇用をしている会社は数限りないでしょう。正社員ではなく派遣社員…
  2. 都心部においては土地の価格が上昇していて、地方とは比べものにならないほどに価格が上がっていることがあ…
  3. さいたま市 痩身・脱毛を検討中の方は、宮原のエステサロンameniteをご存知でしょうか。効果的な痩…

アーカイブ

ページ上部へ戻る