鹿児島国際大の成り立ちと施設紹介

鹿児島国際大は前身の鹿児島商業高等学校が1932年に設置されたのが始まりです。その後、1960年に鹿児島経済大として設置され2000年に大学名を鹿児島国際大に改名しました。鹿児島国際大には「建学の精神」というものがあり、世界的な視野で社会、文化を考える「東西文化の融合」と地域社会の発展に貢献できる人材を育成するという「地域社会への貢献」を目標として掲げています。

鹿児島国際大には3つの教育ポリシーがあり、「アドミッション・ポリシー」、「カリキュラム・ポリシー」、「ディプロマ・ポリシー」に要約して打ち出しています。「アドミッション・ポリシー」は鹿児島国際大の建学の精神に基づいて本学の理念や教育方針に共感する人材を国内外問わず幅広く求めています。「カリキュラム」・ポリシー」は鹿児島国際大にて個々の学生がそれぞれ持っているポテンシャルや思考力を最大限に引き出すことに力を入れています。それによって学位授与に相当する人材を育成することを目標に、教育課程を編成・実施しています。「ディプロマ・ポリシー」は厳正な成績評価を行い鹿児島国際大を卒業するのに必要な単位を修め、情報収集能力やコミュニケーション能力などを備えた学生に学位を授与します。

広大な敷地面積がある鹿児島国際大学内には樹木が多く緑が豊かな環境で学生生活を送ることができます。学内にはさまざまな施設があり、図書館や体育館はもちろんのこと、野球場やアーチェリー場など専門スポーツに特化した施設も設置されています。また女子学生専用のホールや学生寮も設置されているのも当大学の特徴となっています。食堂は安くて美味しいメニューが豊富にそろえてあり栄養バランスを考慮して造られており、お昼は一般の方も利用することができます。図書館内にはカフェが設置されており、日替わりランチや本格的な自家焙煎のコーヒーを楽しむ事ができます。国際交流会館では在学している外国人留学生のための宿舎となっており、日本人学生との交流の場としても活用されています。他にも銀行ATMや文具、本を売っている紀伊国屋が入っているユーカリ会館もあります。また学内には1985年1月に設立された鹿児島国際大学学友会吹奏楽団があり、定期演奏会などを中心に活動しています。大学までの交通アクセスは鹿児島中央駅から指宿・枕崎線に乗り換えて坂之上駅下車してそこからスクールバスで約5分で行くことができます。

鹿児島国際大学
http://www.iuk.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年様々な雇用形態がありますが、悪質な雇用をしている会社は数限りないでしょう。正社員ではなく派遣社員…
  2. 都心部においては土地の価格が上昇していて、地方とは比べものにならないほどに価格が上がっていることがあ…
  3. さいたま市 痩身・脱毛を検討中の方は、宮原のエステサロンameniteをご存知でしょうか。効果的な痩…

アーカイブ

ページ上部へ戻る