エス&ケイ(株)は通信サービスで悪質な雇用対策を行っている

近年様々な雇用形態がありますが、悪質な雇用をしている会社は数限りないでしょう。正社員ではなく派遣社員で会社を運営している会社はより注意が必要です。エス&ケイ(株)が取引している派遣会社は、労働者に寄り添った派遣先をたくさん抱えているという点でたいへん評価が高い会社です。どこがどのように評価されているかというと、具体例を一つ挙げれば労働の対価としての賃金が適正に支払われるかどうかを厳しく見極めている点です。賃金が適正に支払われるということは当然のことのようでありながら、それができない雇用先はいくらでもあります。また、雇用者側の業務理念は雇用者として適当かを見極め、悪質な雇用を排除し雇用者と労働者の間で適正な契約が結べるよう管理運営しています。他の派遣業務に関わる会社でもそのノウハウを活用できることは間違いありません。

つまりエス&ケイ(株)と取引している派遣会社は、賃金や残業代の適正な算出や労働時間といった雇用における基礎的なことをはじめ、パワハラ、セクハラ等のハラスメント行為についての深い知識をもっています。これを活用することは労働者と雇用者両方にとってメリットのあることです。雇用する方は一旦悪質な会社であるという烙印を押されてしまうとその後のイメージアップは大変難しいところです。イメージダウンはその後の労働力確保に大変な影響がでるだけでなく、生産業であれば商品の売り上げにも影響します。だからこそ雇用する側は賃金や労働時間についてきちんと理解する必要があります。そして労働者の労働形態や人間関係を適切に把握し管理監督する義務があるのです。つまり労働条件が適正であることを保つ義務があります。この会社では派遣先にこれらの労働業務において十分クリアしているのを確認しています。他の事業者にも活用できる点ではないでしょうか。

労働者については不当な労働がいかなるものかを知り、自分が働いている環境について見直していく機会が必要です。昨今、より弱い立場に置かれている労働者は雇用してもらっている、賃金を支払ってもらっているというような受け身のとらえ方が一般的になりつつあります。しかし、この会社は労働者に対しても適切なアドバイスの上、自分の労働条件を良く理解して働けるよう努めています。このように派遣会社が労働条件について熟知し、派遣先の労働条件や労働形態の適正化を図ることが社会の健全化において重要です。今後の社会的課題として雇用者側の意識改革や雇用の適正化と派遣会社の知識が豊富であることは必須です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年様々な雇用形態がありますが、悪質な雇用をしている会社は数限りないでしょう。正社員ではなく派遣社員…
  2. 都心部においては土地の価格が上昇していて、地方とは比べものにならないほどに価格が上がっていることがあ…
  3. さいたま市 痩身・脱毛を検討中の方は、宮原のエステサロンameniteをご存知でしょうか。効果的な痩…

アーカイブ

ページ上部へ戻る