SK通信|地震は不可避、震災は可避

今回のSK通信では震災からの避難についてご紹介いたします。自然災害の影響はあまりに大きく、時として人命を失ったり、社会インフラが損なわれるケースも起こります。
特に日本において大きな自然災害として考えられるのが地震です。地震は、地球の地殻変動によりもたらされるものであり、地域によって発生頻度が異なります。
日本は世界でも有数の地震大国であり、これまで長い歴史に渡り被害を受けてきました。
そのため日本人は、地震に対して敏感です。日本人にとって、もはや地震は不可避なものであるという認識があり、過去の歴史が物語っています。
しかし、震災は回避が可能です。被害を最小限に食い止めるため、日本では訓練が各地で行われています。
学生時代には、学校で避難訓練を受けた経験がある人が多いです。また防災意識が高い職場でも、定期的に地震時における避難訓練を実施している場合があります。
地震が発生した場合を想定し、身を落下物などから守る動きが取れるかが重要です。また、地震の揺れが落ち着いた際の脱出経路についても確認を要します。
こうした震災時の避難のノウハウは、知識として知っているだけでは役に立ちません。いざという時に咄嗟に体が動く訓練が不可欠です。
地震災害は、いつ起こるのか、現代の技術では予見が難しいです。しかし、日ごろからの避難訓練により、生命が守れます。長い間地震被害が発生していないと、つい油断しがちです。
しかし、いつ発生してもおかしくない日本の地理的環境においては、常に防災意識を持つ必要があるでしょう。
大切であるのは、本番を想定して真剣に避難訓練を受けることです。その取り組みが、いつか突然の地震災害の際に、自らの身を守ってくれます。

地震による被害が避けられないのが、不動産です。土地や建物は、自由にその場から動かすことができません。そのため、もし地震の予知が可能となったとしても、大きな揺れによる影響は受けます。
いつ起こるか分からない地震の発生に対して、しっかりと建物を守る対策が不可欠です。建物内は人が滞在していることが多く、大きな揺れにより倒壊した場合、深刻な被害をもたらします。
日本の建物は、非常に厳しい耐震基準をクリアしています。大きな揺れに対しても、十分に耐えられる耐震構造や免震構造を持ちます。
たとえ地震が不可避であったとしても、建物が揺れに耐えられるのであれば問題ありません。
こうした地震に対する備えを施工するためには、少なからずコストは掛かるでしょう。通常の建築物に比較して、強度の高い建材を多く使用し、また耐震施工にも手間がかかります。
それでも、もし大きな地震災害が発生した場合に、被ることになる人的や経済的な被害を考えたならメリットは大きいです。
多少の費用をかけてでも、建物に地震対策を施す価値があります。まずは法により定められた建築基準を満たし、震災に強い耐震や免震性能がある建物にすることが大切です。
さらにその上で建物の建築時には、先進的な地震対策の建築技術を積極的に導入しより、いつ大きな地震が襲ってきたとしても、大切な人や財産が守れます。
このように、地震が多い日本の環境で培われてきた対策技術は高度であり、世界でも注目を集めています。
地震災害が多い日本以外にも、地震が発生しうる地域は存在します。しかしそのような国で、震災対策は不十分です。
そこで、日本の高度な耐震技術が、世界中の震災に苦しむ国々から求められています。

地震による被害は、地震発生直後にばかり起こるものではありません。大きな揺れが発生した後にも、震災の影響は起こりかねません。
たとえ大きな揺れから身を守ったとしても、その後にも生命をつなぐ必要があります。
人は、水や食料がなければ生きていけません。また体温を一定に維持することも大切です。
日本では、地震発生時の救助体制が整ってはいます。しかし大規模地震など、状況によってはすぐに救助が受けられない事態もありえます。
そこで、自らの身は自身で守る心掛けが大切です。
いつ地震が発生してもいいよう、防災グッズはいつも手元に置くのが確実です。防災グッズとしてまずは、生命維持のための飲料水が不可欠です。ペットボトルである程度の飲料水の備蓄があると安心です。
また食料も、生命維持に欠かせません。インスタント食品や缶詰は長持ちするため、いつ起こるか分からない地震への備えには有効です。
さらに、大きな地震の揺れに伴い、怪我をする状況に対し準備が求められます。ばんそうこうやガーゼ、消毒液などの必要最小限の医療キットが備えとしてあります。
その他、震災時に身を守る効果があるのが、情報です。最新の救助情報があれば、救助活動の状況や避難場所が分かります。携帯型のラジオは、持っておいた方がいいでしょう。
地震に対する心構えが緩んでしまうと、つい備えが怠りがちです。そこで思い立った時に防災グッズの用意が必要です。
そうすれば、震災による被害は最小限に食い止められるでしょう。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年様々な雇用形態がありますが、悪質な雇用をしている会社は数限りないでしょう。正社員ではなく派遣社員…
  2. 都心部においては土地の価格が上昇していて、地方とは比べものにならないほどに価格が上がっていることがあ…
  3. さいたま市 痩身・脱毛を検討中の方は、宮原のエステサロンameniteをご存知でしょうか。効果的な痩…

アーカイブ

ページ上部へ戻る